書名の文字列をクリックすると、文書を読むことが出来ます。


     ドビュッシーと同時代の画家たち(クリック)   月刊『音楽の世界』2011年2月号掲載

                                        特集『音楽と美術』の一文章として掲載されたものです。


         『作曲家評伝』

     グリーグ没後100年に寄せて      月刊『音楽の世界』 2007 年2月号

     松平頼則生誕100年に寄せ     月刊『音楽の世界』 2007 年3月号

     私的ワーグナー論           月刊『音楽の世界』 2013年8・9月合併号


         『コンサートのプログラムなど文』   

     劇的なベルリオーズ、詩的なドビュッシー  



         『コンサート評など』 

     黛敏郎の歌劇「金閣寺」の公演を巡って   季刊『音楽の世界』 2019年 春号





       オペラ、オペレッタ、劇音楽関係

     オペラのドラマ性について             『音楽の世界』 2005年 12月号

     喜歌劇コンサートの実行委員を担当して    『音楽の世界』 2007年 7月号

     メルヘンの世界とオペラ               『音楽の世界』 2008年 8/9月号

     プッチーニについての私見             『音楽の世界』 2009年 8/9月号

     魔女、妖女伝説と芸術               『音楽の世界』 2011年 8/9月号

     オペラ公演企画の表と裏              『音楽の世界』 2012年 8/9月号

     オペラの新たな可能性を求めて          『音楽の世界』 2014年 8/9月号

     音楽ドラマの可能性に関する私的見解      『季刊:音楽の世界』 2015年夏号

     舞台芸術と私:ようやく中間点に辿りついて振り返る    『季刊:音楽の世界』 2017年夏号





 書斎へ戻る